WiMAXを半年だけ使うには〇〇が重要だった!料金を徹底的に安くする秘訣とは?

Pocket

 

 

・引越しが控えてるしWiMAXを半年だけ使いたいなー

・移動が多いのでWiMAXを半年だけ使用できればありがたいな~

 

 

あなたは上のような思いを抱いて、WiMAXを半年だけ使える上手な方法を探しているんじゃありませんか?

 

 

WiMAXって、今はもう光回線に近いようなスピードまで出るようになってます(ホントにすごいっ!)

しかも対応エリアならどこでも使えるからめちゃくちゃ便利!

 

ただし、せっかくWiMAXを半年だけ使うなら

 

 

 

できるだけ安く済ませたい強い気持ちがあるはず。。

 

だって半年間の合計料金が30,000円とか40,000円になっては、めちゃくちゃ悔しいですからね(汗)

 

 

 

そこで!

あなたが心から納得してWiMAXを半年だけ使えるように、私は考えられる方法を検証してみました!

 

 

検証結果を今からあなたにシェアしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

WiMAXを半年だけ使うときの思いがけないハードルを検証しました

hurdle

 

実は、WiMAXを半年だけ使うのはけっこう特殊なケースだったりするんですよ。

 

 

 

だけど安心してください!

 

 

WiMAXには幅広い利用方法がありますから、きっとあなたが「コレだ!」と思う方法が見つかるはずですよ。

 

 

では、考えられる3つの方法を一緒に見ていきましょう!

 

[検証①]WiMAXを普通の契約で半年だけ使う場合

ordinary-contract

(引用:UQコミュニケーションズ公式サイトより)

 

 

WiMAXを半年だけ使う方法として、まずはWiMAXを3年契約してから半年で解約する方法が考えられます。

 

ここではWiMAXのサービス提供元である、UQコミュニケーションズを例にしていきますね。

 

 

最初の3ヶ月:月額3,696円

4ヶ月目~6ヶ月目:月額4,380円

1年未満の解約手数料:19,000円

 

⇒合計料金:43,228円

 

 

 

 

わお、なかなか衝撃的な料金ですね(汗)

 

月々だいたい7,200円かかる計算です。。

 

 

う~ん・・・これだとあなたは、「携帯電話をもう1つ持てるぐらいの料金だよ!」と思ってしまいませんか?

 

 

 

私としては、WiMAXを普通に契約して半年だけ使うのは有効では無いような気がしますね。

 

しかも契約期間途中での解約は手続きが少々面倒になるのもおさえておきましょう。

 

[検証②]WiMAXのキャンペーンを狙って半年だけ使う場合

cashback

(引用:nifty WiMAX公式サイトより)

 

 

WiMAXを半年だけ使える2番目の方法として、キャッシュバックキャンペーンをやっているWiMAXを利用することが挙げられます。

 

まあ、簡単に言っちゃうと

 

 

 

「キャッシュバックをもらって解約金の負担を減らそう!」ってこと。

 

 

今回はキャッシュバックキャンペーンをやっているniftyのWiMAXを参考にしてみました。

 

そこで、30,100円という大きなキャッシュバックキャンペーンをやっていたのでラッキーです!

 

 

 

しかし・・・説明文を読んでると「マジで!?」とビックリするような注意書きが↓↓

 

キャッシュバックの振り込みが完了する前に@niftyを解約された場合もキャッシュバック特典の対象外となります。

 

nifty WiMAX公式サイトより

 

 

 

niftyのキャッシュバックの場合、9ヶ月目にキャッシュバックを受け取れるので少なくとも9ヶ月はWiMAXを使っていないとダメ。

 

 

 

そして私は他のWiMAX代理店も調べたのですが、ビッグローブで6ヶ月目に15,000円がキャッシュバックされるキャンペーンをやっていました。

 

まあ、キャッシュバックの額が小さくなるとそれだけもらえる条件もゆるくなるってわけですね。

 

biglobe-cashback

 

 

じゃあ、半年でかかる費用を計算しちゃいますね↓↓

 

 

・最初の2ヶ月:月額3,695円

・3ヶ月目~6ヶ月目:月額4,380円

・1年未満の解約手数料:19,000円

・キャッシュバック:15,000円

⇒合計料金:28,910円

 

 

 

やはりキャッシュバックがあるぶん、WiMAXを半年だけ使う料金も低くなっていますね。

 

ただ・・・キャッシュバックの内容は時期によってどんどん変わるので、あなたにピタリと当てはまるものがそのときあるかは分かりません。

 

 

 

もしあなたが良いキャッシュバックキャンペーンに巡り会って、確実にキャッシュバックを受け取れる自信があるなら、試してみる価値のある方法だと思いますよ。

 

[検証③]WiMAXをレンタルで半年だけ使う場合

(引用:WiFiレンタル便公式サイトより)

 

 

今まではWiMAXの端末を購入する契約だったのですが、次は端末をレンタルして半年だけ使う方法を見ていきましょう。

 

レンタルのメリットは解約手数料が無いこと。

だから計算もめちゃくちゃ簡単!(すごく助かるわー)

 

 

ちなみに半年のレンタルプランが28,000円だったので、この料金がそのまま半年間の合計料金となります。

 

 

キャッシュバックや解約の面倒な手続きナシで、1番安くWiMAXを半年だけ使える方法ですね!

 

 

 

レンタルがWiMAXをお買い得に使うカギになりそうな気があなたはしませんか?

 

 

しかし!

レンタルをもっと有効に活用すると、さらに安くできるサービスがあるんですよ。

 

見えた!WiMAXをお買い得に半年だけ使うならココがポイント!

point

 

これまでWiMAXを半年だけ使う方法を見てきましたが、レンタルが1番おすすめということが分かりました。

そして調べを進めていくうちに、

 

 

 

1日単位からレンタルしている会社は料金が割高になるケースが多いと気付きました。

 

 

 

 

 

え!?さっきよりもっと安くなるわけ?

surprised

 

 

はい、実は安くなっちゃいます。

 

 

特に1ヶ月単位からレンタルをしているところだと、もともと長期のレンタルを想定しているので料金も安めに設定されているんですよね!

 

中でもFUJI Wifiなら、WiMAXを半年だけ使うのにはうってつけのサービスですよ。

 

 

fujiwifi

 

 

FUJI WifiでWiMAXを半年だけ使う場合、

 

半年間の料金:月額3,200円×6ヶ月=19,200円

初回事務手数料:2,000円

⇒合計料金:21,200円

 

 

さっきのレンタル会社より6,800円も安い!

 

 

しかもFUJI WifiのWiMAX端末が落下したり水没したでも、月額300円払っておけば弁済金が無償で済みます。

 

ちなみにFUJI WifiのWiMAXプランを選べば月額料金が300円引きになるので、実質的にサポートを0円で受けられることになるんですよ

 

 

こんな手厚いサポートをしてくれるのは他にはありません。

 

 

 

あなたがFUJI WifiでWiMAXを半年間使いたい気持ちが強くなっているなら、登録方法から申し込みまで分かりやすくまとめた記事をご覧ください。

 

これで迷わずにパッとサービスを利用できますよ↓↓

 

 

WiMAXを格安で使える【FUJI Wifi】申し込み方法を詳しく見てみる⇒

 

 

WiMAXを満足できる料金で半年だけ使うときの注意点

check-point

 

FUJI Wifiはあなたの希望である、WiMAXを圧倒的な安さで半年だけ使えるとても便利なサービスです。

 

 

しかしFUJI Wifiにもデメリットがあるので気を付けてください。

具体的な内容としてはこんな感じ↓↓

 

 

①料金の支払い方法がクレジットカードしかない

②WiMAXプランは特に人気で端末の在庫が無くなることがある

 

 

もしあなたがクレジットカードを持っていない場合、FUJI Wifiを利用できないのでしっかり覚えておきましょう。

 

またFUJI WifiのWiMAXプランはとても人気があるため、早めに決断して利用した方が在庫切れを受けずに済みます。

 

 

 

あなたは以上のデメリットを受け入れられそうですか?

 

 

もし「大丈夫!まったく問題ないよ」とあなたが考えているなら、FUJI Wifiは1番使い心地の良いサービスだと断言できますね。

 

 

 

WiMAXを半年だけ使うなら、FUJI Wifiで決まりです!

 

この機会にFUJI WifiのWiMAXで、サクサクと簡単にインターネットができる環境を作ってみてはどうですか?

 

 

在庫が無くなるとあなたが可哀想なので、なるべく早めの決断がおすすめですよ。

 

 

 

WiMAXを半年だけ使いたい時の決定版!【FUJIWifiのWiMAXプラン】申し込みページはコチラ⇒

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です